女性ホルモンを増やす、飲食物を教えて下さい。 納豆とか豆乳は知って

女性ホルモンを増やす、飲食物を教えて下さい。 納豆とか豆乳は知ってます。
おすすめ脱毛器
コレステロールは、ホルモンの原料になるそうです。
コレステロールの役割【③ホルモンの原料】……男性ホルモン(アンドロゲン)や女性ホルモン(エストロゲン)、副腎皮質ホルモン(ミネラルコルチコイド、グルココルチコイド)の原料となります。
(『健康診断「本当の基準値」完全版ハンドブック』980円+税)
【コレステロールの検査でわかること】
【コレステロールとは?】
コレステロールとは、人間が生きていく上で欠かせない「脂質」の1種です。
・後述しますが、細胞膜やホルモンを作る材料として、体に必要不可欠な要素でもあります。
血液中に存在する脂質の種類として、HDLコレステロール、LDLコレステロール、VLDLコレステロールがあり、総コレステロールはこれらのコレステロール全体を合わせたものです。
コレステロールはおもに、【肉や魚、卵などの動物性食品】に含まれますが、動物である人間の体内でも合成されています。
少し前までコレステロールは悪者扱いされており、「卵は週に2個まで」などと常識のように言われていましたが、2015年に日米とも食事摂取基準が改訂されて、【コレステロールの摂取制限は廃止されました】(※1、2)。
・コレステロールは体に悪いというイメージが植え付けられていましたが、近年、多くの医学研究により、この≪常識≫が間違っていることがわかってきたのです。
・本当は、【コレステロールは生きていくために必須の物質】なのです。
具体的には、以下のように、人間の体内で実にさまざまな役割を果たしています。
【①細胞膜の構成要素】……コレステロールは、60兆ある細胞膜を作るための重要な材料のひとつです。
コレステロールが不足すると、細菌やウイルスが細胞内に侵入しやすくなり、がんや肺炎などを引き起こしやすくなります。
【②脳神経細胞の構成要素】……約1000億個脳神経細胞の絶縁膜(髄鞘)(ずいしょう)にもコレステロールは必須です。
髄鞘は、脳の神経細胞間を走る電気情報の漏電を防ぐために重要な組織で、ここの絶縁が悪くなると記憶消失やうつ病、睡眠障害などが起こりやすくなります。
【③ホルモンの原料】……男性ホルモン(アンドロゲン)や女性ホルモン(エストロゲン)、副腎皮質ホルモン(ミネラルコルチコイド、グルココルチコイド)の原料となります。
【④消化液(胆汁)の原料】……コレステロールは胆汁の原料でもあります。コレステロールが不足すると、消化機能の低下が起こります(※3)。
【⑤ビタミンDの原料】……体内で合成されるビタミンDの材料にもなります。
コレステロールが不足すると骨がもろくなり、骨折を起こしやすくなります(※4)。
●『健康診断「本当の基準値」完全版ハンドブック』980円+税
( 2004年に全国70万人の健診結果から、統計的方法で健常データを抽出して、男女別に5歳ごとの基準範囲を計算した結果 )
LDLコレステロールの基準値
・20~24歳 男性 52~144、女性 46~138
・25~29歳 男性 58~155、女性 50~135
・30~34歳 男性 59~170、女性 50~141
・35~39歳 男性 63~176、女性 57~144
・40~44歳 男性 65~181、女性 57~157
・45~49歳 男性 67~183、女性 62~171
・50~54歳 男性 67~185、女性 72~186
・55~59歳 男性 68~186、女性 80~192
・60~64歳 男性 72~183、女性 82~192
・65~69歳 男性 72~180、女性 81~191
・70~74歳 男性 71~178、女性 76~194
・75~79歳 男性 73~174、女性 74~194
オムロン/高脂血症で注意すべきは「レムナント」と「小型LDL」
「HDLコレステロールが少ない人は、(悪玉の)小型LDLコレステロールが多い傾向」
「HDLコレステロールが少なく、中性脂肪が多い人は、(悪玉の)レムナントコレステロールが多い」
「LDLコレステロールと、小型LDLコレステロールは別物です。」
「健康診断でLDLコレステロールが高くても、HDLがしっかりあって、中性脂肪が少ない人は、質の良いLDLコレステロールが高いということになります。」
MEC食というのがあります。
MEC食は、糖質制限の1種です。
肉、卵、チーズを多くとります。
MEC食をすると、女性だと「生理不順が治った」「胸が大きくなった」人が多いです。
肉、卵、チーズなどに、性ホルモンの原料になるコレステロールが含まれているのではないかと思います。
(魚もいいみたいです。)
ダイエットで生理不順になるのは、「肉、魚、卵、脂質」を抑え「すぎ」てるケースがあるようです。
───────────────────────
(農林水産省)
【大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A】
問5:大豆イソフラボンとは何ですか?
問6:大豆イソフラボンは、どのような食品に、どのくらい含まれていますか?
問7:日本人は大豆食品から大豆イソフラボンをどのくらい摂っているのですか?また、外国と比べた場合はどうですか?
問8:大豆イソフラボンは、ヒトの健康にどのような影響がありますか?
問9:大豆イソフラボンによる健康への影響を考えると、大豆食品は食べない方がよいのですか?
問10:大豆イソフラボンを含む食品を食べる際に、何か注意する必要はありますか?
問11:大豆イソフラボンは天然の食品成分なので、健康への悪影響はないと聞いていました。なぜ、摂り過ぎは体によくないのですか?
問12:子供に大豆イソフラボンを含む食品を食べさせても大丈夫ですか?また、妊婦についてはどうですか?
問13:食品中の大豆イソフラボンの量について、何か法的な規制はありますか?
問14:大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値は、どのくらいの大豆食品に相当しますか?
問15:日常の食生活による大豆イソフラボンの摂取量が、安全とされる上限値を超えて摂取している人は、大豆食品の摂取を控えるべきですか?
問16:サプリメントから大豆イソフラボンを摂り過ぎてしまった場合は、どうすればよいですか?
問17:大豆イソフラボンのような天然の食品成分の研究について、農林水産省では今後どのように取り組みますか?
────────────────────
(農林水産省の記事から)
「大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と化学構造が似ている物質」
────────────────────
(農林水産省の記事から)
問8:大豆イソフラボンは、ヒトの健康にどのような影響がありますか?
食品安全委員会は、
「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」の中で、
大豆イソフラボンの主たる生体への影響として、以下のとおり、
【エストロゲン受容体を介する作用】を挙げています。
【エストロゲン受容体を介する作用】
(1)「大豆イソフラボンは植物エストロゲンのひとつといわれ、
その化学構造が女性ホルモン(エストロゲン)と類似しエストロゲン受容体(エストロゲンレセプター)に結合することから、
促進的あるいは競合的に種々の生体作用を発揮することが、試験管内の試験や、動物実験で示されている。」
★(2)「これらの効果がヒトにおいても発揮されることが推論されうる。例えば骨粗しょう症、乳がんや前立腺がん等の予防効果が期待されるが、
★一方、乳がん発症や再発のリスクを高める可能性も考えられる。
★しかし未だ実際に多くの研究が行われている段階にあり、ヒトにおける大豆イソフラボンの有効性と安全性についての議論は確立していない。」
問9:大豆イソフラボンによる健康への影響を考えると、大豆食品は食べない方がよいのですか?
(1)日常の食生活では、大豆食品を含めてバランスのよい食事を心がけるべきです。
なぜなら、大豆食品には、大豆イソフラボンだけでなく、他にも多くの有益な食品成分が含まれており、大豆食品を食べることは健康に良いと言われているからです。
(2)日本人は、豆腐、納豆、煮豆、みそなどの「伝統的な大豆食品」について、日常の食生活における長い食経験があり、これらの大豆食品を食べることによる大豆イソフラボンの健康への有害な影響は、現時点では確認されていません。
大豆食品は、良質なタンパク質を含み、またカルシウムなどにも富む、重要な栄養源の一つです。
日本で行われた追跡調査の結果では、通常の食生活で大豆食品を食べることは、まったく大豆食品を食べない場合に比べて、健康に有益であることが報告されています。
もし、大豆イソフラボンによる悪影響を心配して大豆食品を食べることをやめてしまうと、大豆食品から栄養成分が得られなくなり、むしろ健康を損なう可能性もあります。
問10:大豆イソフラボンを含む食品を食べる際に、何か注意する必要はありますか?
大豆イソフラボンを含む食品のうち、豆腐、納豆、煮豆、みそなどの「伝統的な大豆食品」については、日常の食生活の中でその他の食品とともにバランスよく食べるように心がけてください。
また、大豆イソフラボンを関与成分とする特定保健用食品の過剰摂取による大豆イソフラボンの摂り過ぎには注意してください。
問11:大豆イソフラボンは天然の食品成分なので、健康への悪影響はないと聞いていました。なぜ、摂り過ぎは体によくないのですか?
(1)天然由来の食品成分はいくら食べても大丈夫、という考え方は正しくありません。
例えば、セレンは魚介類や海草類、穀類に比較的多く含まれる微量栄養素であり、人の健康の維持に必須なもので、不足すると心筋障害、発育不全や老化、消化器の病気など欠乏症が起きます。
しかし、セレンをサプリメントなどにより過剰摂取すると爪の変形や脱毛、胃腸障害、下痢、神経障害など過剰
◆症が起きることが知られています。このように、天然の食品成分であっても、摂り過ぎると健康を害する可能性があります。
(2)大豆イソフラボンは、問8にあるように、主にエストロゲン受容体を介してヒトの健康に有益な効果があると想定されていますが、
同じエストロゲン受容体を介する作用が有害性側に働く可能性も指摘されています。
なお、大豆イソフラボンは、人の健康の維持に必須の栄養素とされていません。
─────────────
(フジッコ)
【何があったの?「イソフラボン騒ぎ」の全てが知りたい 】
①まず厚生労働省で主に有効性の審査を行い→; ②必要と判断された場合、食品安全委員会で食品健康影響評価(安全性審査)が行われ→; ③再び厚生労働省で全般にわたる評価・審査を行って許可される仕組み ですが、上記の申請当時は、②の安全性評価が先に行われていました。 … 閉経
◆女性ホルモンが作られる場所は、
子宮と副じん
その副じんに必要な栄養素は
植物繊維
ビタミンE
ビタミンB1
マグネシュウム
亜鉛
と紹介されていました。
その、栄養素が多いのは、
玄米、
そして
玄米の栄養分である「米ぬか」
それらが、食べづらければ
今は、
きな粉味の米ぬかパウダーがあります。
これを食べている「おばちゃん」は
なんか調子がいいと言っていました。
(子宮で作られる女性ホルモンがなくなってきているからですが、
米ぬかが、副じんを活発化させているので元気になるようです。)
間違っても、炒っていない「米ぬか」は
食べられると言っていても買わないように。
食べられません。
(念の為に)
◆大豆に含まれるイソフラボンが 増やすそうなので お豆腐でも おからでも 大豆であれば…ですが…
しょせん食品
食べれる量も 限界がありますから そんなたくさん 増えませんよ
◆食べているのですが、そんなに効果はないのかなと思いますが、個人差もあるということで、
バナナ
海草類
とうふ
ヨーグルト
甘酒などで、
主様のおっしゃるように発酵食品はいいそうです。
あとは、冷えや睡眠不足、ストレスに気をつけるようにして下さい。
◆私が知っているのは、きな粉です。
◆ブラックコーシュとかいうビタミン剤が効くらしいですよ。
No.1 脱毛器はこちら

コメント