映画における嘘はどこまで許されるのか? ドイツ映画でヒトラーの最後

映画における嘘はどこまで許されるのか? ドイツ映画でヒトラーの最後を描いた「ヒトラー最後の12日間」という映画があるが、この映画は半分くらいがデタラメなのである。まずは、主人公のユンゲ秘書はナチスドイツのホロコースト政策、アーリア人種優秀政策などにはほとんど興味がなく、ニュルンベルク裁判で初めてナチスドイツの正体を知って驚いたなどと冒頭で述べているが、これは全くのデタラメだ。
実際のユンゲは第12SSヒトラーユーゲント機甲師団の将校だったSS中尉と結婚しており、ヒトラー秘書になることを志願したくらいだから、ナチズムにある程度の興味はあったはずである。彼女は2002年に死ぬまでナチスドイツの詳しい政策は知らなかったと言っていたというが、1943年中旬からヒトラーの自殺まで地下壕にいて、ヒトラーの遺書をタイプした秘書がホロコーストもナチスの政策もほとんど知らなかったというのは極めて不自然だ。さらに、彼女のようなナチス高官をよく知る女性は女性映画監督レニ・リーフェンシュタールのように、ドイツが統一される頃までは西ドイツではタブー的な扱いだった。
「ヒトラー最期の12日間」という映画が1990年代でなくて2003年に完成したというのは、90年代に制作するとモーンケ、ギュンシェといったSS将校の他の総統地下壕の生存者が生きており、そういう人々からのクレームがつくと予想されたからだろう。この映画ではあくまでもユンゲ秘書はナチスの正体を知らない無知な24才の女という立場でなければならなかった。ユンゲが「ユダヤ人なんて大嫌い。ナチスドイツの政治家さん、軍人さん、特に戦死した私の親衛隊将校が本当に可哀そう」などという本音を映画中で言っていたら、この映画はナチスびいきばかりで成立しなくなる。
この映画以外にもユダヤ人映画監督と音楽監督が作った「サウンド・オブ・ミュージック」も完全な嘘である。この映画はドイツ映画でトラップ家族の人生を描いた「菩提樹」というドイツ映画のリメイクである。トラップ家族の本当の姿を描いた「菩提樹」がドイツ、オーストリアですごく人気があるので、ハリウッドのユダヤ人どもがリメイクした「サウンド・オブ・ミュージック」はドイツ、オーストリアでは嫌われている。「ハリウッドのユダヤ人どもがドイツ人とオーストリア人を悪役にした映画を作って世界を騙している」ということで、現地ではタブー扱いになっていて、トラップ家が住んでいたザルツブルクでこのミュージカル映画の話をすると、「それについては話したくない」と言って拒否する人までいる。
トラップ家はナチスがオーストリアを併合した時にアメリカへと亡命したが、別にホロコーストとファシズムに反対していたのではなくて、トラップ大佐もファシストだった。ただし、大佐は成り上がり物が多いナチスではなくてハプスブルグ家のオーストリア帝国に忠誠を誓っていたのであり、貴族という家柄もあったので「ヒトラーという貧民上がりの奴に忠誠を誓いたくない」という理由で、オーストリアを離れることを選んだのだった。別にホロコースト政策などに反対していたのではない。
こちらがユンゲ秘書の英語の説明。決してナチスドイツの政策に無知ではなかったことが書いてある。
こちらが、「サウンド・オブ・ミュージック」の主役のマリア・フォン・トラップの説明。
ミュージカルは大ヒットしたが、あまりに現実とかけ離れた物語やゲオルクの人物造形にマリアと子供たちはショックを受けた。やがて1965年にジュリー・アンドリュースの主演で映画化されると世界中で大ヒットした(ただし、本の映画化権を安く売ってしまったので、トラップ一家にはお金が入らなかった[1])。このときもマリアは脚本家に対して、夫ゲオルクの書き方を改めてくれるよう頼んだが、結局聞き入れられなかった。
果たして、歴史的事実を基にした映画での嘘はどこまで許されるのでしょうか?大ヒットすれば大嘘でも許されるのでしょうか?特にハリウッドのユダヤ人どもは、金儲けのためにホラ話の映画ばかり制作してます。
おすすめ脱毛器
この類は知識と見識がある人にしか分からないので伝わりにくいですよね。
正直私もそうだったんだ、としか言えませんし。
つい70年前の出来事も簡単に歪曲されて作られるのですから事実に基づく映画など存在しない、と考えた方がいいかもです。
◆ヒトラー最後の12日間はデタラメだろうがどでもいい。ネタとして面白いから大好き。
◆ていうか、あの映画見て思ったんですが、あの秘書の姉ちゃん、史実では絶対ヒトラーの肉便器要員だっただろ。
そういう描写なかったけど。
◆ニュース(報道)でない限り「フィクション」の世界です。
如何なる嘘も許されます。
◆映画も歴史小説も多分にフィクションが入るモノです。
ユダヤ人がとか関係ありません。
八甲田山も全てを書いたわけでも、映像化したわけでもありません。
大衆に如何にうけるか?
商業映画も小説も皆そればかりです。
◆歴史的事実を基にしたフィクションてよくありますよ。
それに映画って金儲けの為に制作するものではないのですか?
別にその映画で勉強するわけでもないでしょうから、面白ければそれでよいのではないですか?
No.1 脱毛器はこちら

コメント