中国の皇帝とカイザーやツァーリのような西洋の皇帝はどう違うのですか?

中国の皇帝とカイザーやツァーリのような西洋の皇帝はどう違うのですか?
おすすめ脱毛器
皇帝という言葉は秦の始皇帝が作った称号です。皇帝は、王とは違うところがあり、秦の時代にはその違いが明確に判断されていたようです。
時の丞相趙高が定義するに、「他の六国を合わせた広い領土を支配する者が皇帝である。」とのことです。彼はこの理論を秦王子嬰の即位の前に使い、「秦の領土が狭くなってしまったので、皇帝ではなく秦王と名乗る」ことにさせました。趙高は子嬰に殺されますが、趙高が「秦王と名乗る」としたのは承継し、秦王になりました。その秦を倒して天下を得たのは項籍だったのですが、彼は一人で天下を掌握する気がなかったので、覇王と名乗りました。その項籍を倒して再び天下統一をしたのは劉邦です。劉邦は「皇帝って名称かっこいいじゃん。」と思ったのか、皇帝の称号を継承しました。それ以降、中国では、皇帝という称号が使われるようになりました。三国時代になると、天下統一もしていないのに、皇帝を名乗る人が出てきました。皇帝と名乗ってよいのは、後漢王朝から禅譲を受けた魏ぐらいだと思いますが、魏に対抗して蜀漢と呉も皇帝と名乗りました。則天武后が一時期天皇という称号を使用したことがありますが、それ以外は各王朝は君主に皇帝という称号を使用しています。皇帝と言う称号が出来てからも中国にも王が存在していましたが、皇帝の下につく存在でした。
カイザーやツァーリはローマ帝国の独裁官になったユリウス-カエサルの姓から来ています。彼は議会制だったローマを独裁制にしました。それ以降、ローマ帝国は独裁者の支配する国になりました。なお、エンペラー(最高司令官)になったのは、彼の後継ぎの甥のアウグストゥスでした。ローマの最高司令官はカエサルとかインペラトールとかプリンキパルと呼ばれていて、名称の統一はしていませんでした。ヨーロッパでは、カイザーと名乗りたかったらカイザーと名乗り、エンペラーを名乗りたかったらエンペラーと名乗るというような感じで選ぶことが出来ました。ドイツ皇帝とオーストリア帝国はカイザーを名乗り、ロシア皇帝はカイザーのロシア語読みツァーリと名乗りました。王のままの王室も結構あります。日本か中国が「カイザー」を皇帝と訳しただけなので、中国の皇帝と同じ意味では使っていません。フランスイギリススペインは王でしたが、ドイツやオーストリアロシアよりも狭いということもありませんし(植民地がありましたので)、力がないということもありません。ヨーロッパでは皇帝と王の違いは明確ではありません。
アッシリアやアケメネス朝は世界最初の帝国と言われていて、君主の称号も諸王の王という意味で、皇帝に近いと思います。が、その君主の日本語訳は王です。皇帝と訳したらよいのでは?と思いますが、始皇帝よりも前の出来事だから、皇帝ではだめなのでしょうか?アレクサンドロスも大王だし。意外と始皇帝を気にしているのかもしれません。皇帝の使用は紀元前221年以降の人物に限る、ということで(笑)。
◆その質問は逆と言うか、そもそも中国の皇帝と、西洋のカイザーやツァーリは別ものであり、立ち位置が似ているという理由で、後者を「皇帝」と訳すことにしたわけですね。
なので、どう違うのですかと言われても、もともと違うんですよ、としか言えません。厳密に言えばそうなります。
◆中国の皇帝は天から選ばれますが西洋の皇帝は民意で選ばれます。
あくまで建前ですけどね。
皇帝というのは皇(神々)の帝(聖王)という意味、つまり神々の王ということなんです。
ですからそんなモノを選べるのは最高神ぐらいしかいないわけなんですね。
反面、没落したら神から見捨てられたんだって解釈で簡単に見捨てられます。
中華皇帝は権力は並ぶモノが無いんですが、滅びるときはアッサリ消え去るのはそういうことなのです。
西洋の皇帝(エンペラー)がドイツ語でカイザーと呼ばれるのは古代ローマのユリウス・カエサルが語源です。
ただ実際にはカエサルは皇帝にはなっていません。
ただ彼が独裁官を目指したこと、後に皇帝としての意味を持つインペラールという称号を持っていたこと、数多くの改革を成し遂げたこと、初代皇帝が彼の息子だったことでそう呼ばれるようになりました。
カエサルの息子のユリウス・アウグストゥスは、大将軍という意味を持つインペラールに護民官特権や属州の支配権などを政治的工作を塗り込んで、時間を掛けて大衆の支持と軍部の後ろ盾、元老院の推薦で無理のない独裁権力を創り上げました。
その後、アウグストゥスの後継者は元老院の選挙によって選ばれ皇帝(エンペラー)に即位したわけです。
やがてローマはキリスト教が国教となりバチカン(ローマ法王庁)が元老院にすり替わるようになります。
バチカンはキリスト教信者の意思の象徴(あくまで建前)ですから、バチカンの決定は民意の代弁であるとしてローマ皇帝の選定権を持つことになりました。
これは古代ローマが滅んだ後も引き継がれ、バチカンによって数多くの皇帝が選ばれることになります
後にヨーロッパに数多くの皇帝が生まれましたが、あれはナポレオンなども含めて全部ローマ皇帝なのです。
たまたま根拠地がプロイセンだったりパリだったりしていただけなんですね。
無論これも建前ですが。
◆皇帝は秦朝以降の中国の君主号。
カイザーやツァーリはローマ帝国の後継を称した、及びキリスト教の守護者を称した国の君主号。
◆中国の皇帝は王よりもはっきりと上の称号だが、
西洋のエンペラーとキング・ロードに上下関係は無い。
(たとえばイギリス国王がドイツ皇帝より格下、などということは無い)
(ついでに言うと、「日本の天皇は世界唯一のエンペラーだから世界一偉い」というのも間違い)
◆皇帝の権威の考え方
No.1 脱毛器はこちら

コメント