東ヨーロッパで多くの小国が独立することにつながった原則とはなんで

東ヨーロッパで多くの小国が独立することにつながった原則とはなんですか?
おすすめ脱毛器
第一次世界大戦後のことなら、ヴェルサイユ会議に臨んでアメリカのウィルソン大統領が「14か条の平和原則」を掲げました。
そのの中に「民族自決の原則」があったのです。
一応その原則は通りましたが現実にはまだ列強帝国主義が根強く残っている時期でした。民族自決を本気で執行するならアジアやアフリカの国々も独立させなくてはなりません。でも戦勝国である英仏などは既得権益である植民地を手放しませんでした。
その民族自決原則は敗戦国であるドイツとオーストリア、そして社会主義国として当初は列強に忌避されたソ連が対象になります。
で、東ヨーロッパの多くの国は独墺露の領土、勢力圏にありました。そこで、これらの服属していた国々を独立させたのです。もともと東欧は地理的に様々な民族が移り住んでいた地域なので民族国家となると小国がが軒並み誕生したのです。
独墺露から領土を取り上げた英仏は、ドイツの海外領土も取り上げ、委任統治という名の植民地として戦勝国間でお手盛りで分配しました。日本も旧ドイツ領南洋諸島を委任統治領として得ています。
No.1 脱毛器はこちら

コメント