W杯・日本vsポーランド 日本が0-1でポーランドに負けましたが、同時

W杯・日本vsポーランド 日本が0-1でポーランドに負けましたが、同時刻に行われたセネガルvsコロンビアでコロンビアが1-0でセネガルに勝ち、日本がフェアプレーポイントの差でセネガルを上回ったことで日本が2大会ぶりの決勝トーナメント進出となりました。
とりあえずおめでとうございます。
では、感想をお願いします。
※荒らしや意味不明、関係ない回答などはお控えください。
おすすめ脱毛器
こんにちは。
むろん手放しでは喜べない。むしろ、こんなボール回しなんてしない方がよいに決まっています。
でも、しかたがない。
今回は、勝ち抜けることと美学、美意識とが両立しえない場面だったと考えます。
とすれば、どちらかを優先せざるをえないが、どちらを取るかについてはそれぞれの意見や議論があり、一概には決められない。
とすれば、判断をした人間の考えを尊重するしかないです。
それに、仮に敗退していたら、それはそれで、状況を考えなかったことが批判されたかもしれない。
むろん、本件は世界中からみっともない、無様、恥ずべき行為と諸々の批判があります。
終盤のボール回し自体は「よくあること」であっても、今回の日本のように、
1.「負けているのに」結局同点も勝ちも目指さず(引き分け以上で自力突破できた)
2.他の試合の経過・結果に自らを委ねた
という「特殊な状況」については、あまり思いつきませんからね。
しかしながら、批判している人たちも、それは外野だから得手勝手に上から目線で物を言えているだけなわけでで、同じ状況になったら、日本と同じことをする可能性はあるでしょう。
負けたら何も残らない、と考える確信犯は必ず一定数いますからね。
その究極の表れが、2010年南アフリカ大会で、延長終了間際のガーナの勝ち越しゴールを手で弾き出したスアレス(ウルグアイ)でしょう。
ワールドカップと言っても決して高尚な大会ではなく、意外と意地汚く、腹黒いところがある大会なんですよね。
そんなのに迎合しない、と考えるのはまさに美意識ではありますが、それと心中していては太刀打ちできないのも事実でして、どこかで割り切る必要があることは、間違いないでしょう。
過去にはこんなこともありました。
1982年スペイン大会の西ドイツ(現在はドイツ)ーオーストリア戦です。
お読みになれば分かりますが、当時グループリーグの最終戦は同時刻開始ではなかったため、アルジェリアの最終結果を知った上で試合を始めた西ドイツとオーストリアが、勝ち点と得失点差の計算をして、談合したのではないかと言われる試合です。
この時、その試合は負けているのに、しかも残り時間は多いのに同点を目指さないオーストリアの意図が、同じドイツ語圏のよしみで西ドイツを勝たせることにあったのはほぼ明らかで、いまだ「黒歴史」として記憶されています。
これに比べれば、日本のボール回しなんてかわいいもの、とさえ思えます。
むろんこの試合はさすがに物議を醸しました。現在、グループリーグの最終戦は同時刻開始になっていますが、それはこの試合も原因のひとつとされていますね。
でも、当座批判を浴びても、36年も経てば、記録の中にしか何も残っていない……
◆私は政治的に韓国という国が嫌いです。
ですが、ドイツ戦での韓国の試合運びは、非常に巧緻で、しかもそれをやり切った、非常に素晴らしいものでした。私はサッカーは素人ですが、今回のドイツ対韓国は、見ごたえのある、いい試合だったと思います。
それに対し、日本対ポーランドでのあの姿は非常に無様でした。
勝ち負けを超えて大事なものがあるはずです。
それを日本代表は、たかがサッカーの決勝リーグ出場程度のもののために捨ててしまった。率直に言って大変幻滅しました。
オリンピックもそうですが、大事なのは勝ち負けではなく、民族や歴史を超えてただそのことに専心し、不変的な人類の人間性を示す、そしてそれを讃えることではないでしょうか。
日本人ではありますが、今の日本代表を応援する気にはなれません。
なぜなら、日本人としての大切なものを失っていると感じたからです。
雑文失礼しました。
◆今日の日本の戦い方を非難する人って、ちょっと的外れですね。
「世界から批判がある」なんて馬鹿な回答もありますが、サッカーが文化となっている国の人ならば、批判なんてしませんから^_^
ごく当たり前の戦い方。
「最後まで勝利を目指す」だとか「韓国みたいに諦めない戦い方を」だとか「あくまで自力で突破を目指す」だとか、本当に身勝手極まりない意見です。
代表チームにとっての目標はW杯です。
そして、W杯では内容なんてどうでも良いんですよ。
結果が全て。
どんなに良い試合を重ねても、GL敗退したら彼らは非難されます。
でも、どんなに酷い試合でも、GL突破したら評価されます。
外野は身勝手に批評しますが、やっている本人達は文字通り人生をかけて戦っています。
そんな彼らが目標を達成する為に、最善の策をとったのです。
今日の試合は、日本にとって100点満点の試合なんですよ。
◆たくさんの意見があるだろうけど
私は嫌韓で、純日本人だか
今日の終盤の戦いはみていられなくなりました
最後まで勇敢に戦った韓国と今日の様な情けない試合をした日本は雲泥の差がある
まぁ何はともあれ進出おめでとうだなと思います
世界中から批判があると思いますが(特に韓国)それをはねのけるメンタリティーがないと恐らく次は日本が負けるとおもいます。
No.1 脱毛器はこちら

コメント