シューベルトはどこの国の作曲家ですか?

シューベルトはどこの国の作曲家ですか?
おすすめ脱毛器
シューベルトはオーストリアの作曲家ですけど。
◆日本ですね。
1902年生、父重田道夫と母矢沼とめの3男として生まれました。幼い頃から村の民謡を大人顔負けに歌い上げ、神童と呼ばれました。当時の県知事がダム建設のタウンミーティングに参加した際、道中の村祭でシューベルトの歌声を聞き、「あの子は玄武(力士の名)に似ているね」と言わしめたそうです。尋常小学校、中学校、師範学校と進学する中で、音楽教師の道を志すようになりました。そのきっかけは、当時メキシコから来ていたプロレスラーの紹介で出会ったマラカスにあります。情熱的なマラカスの音に触発され作曲されたのが「マラカス協奏曲第1番(1922)」です。マラカス協奏曲は彼のライフワークとなり、その後晩年に至るまで書き続け、第15番まであります。当初はマラカスの音の大きさの割にはオーケストラの音の方が大きくバランスを調整することに苦心したようでしたが、後期の作品においてはアンプのおかげで微妙な音を表現できるようになりました。
彼の功績としては、日本各地の民謡を、精緻に再現しながら現代的な和声と構成によって、最先端の音楽として昇華させたところにあります。
重要な作品としては、歌曲では「やぶさめ」、「野良猫のクロ」、「もう遅刻だ、会社に連絡しなきゃ」、室内楽では弦楽四重奏第1~7番、宗教作品「多神教新時代目録」、「再三の通告にも関わらずご返答いただけないため」、交響曲では、第5番「佐村河内」が必聴です。
◆オーストリアの作曲家です。
◆オーストリア、です。
◆オーストリアかドイツ?だったような?
No.1 脱毛器はこちら

コメント