マリー・アントワネットが死刑になった後、彼女の実家のオーストリア

マリー・アントワネットが死刑になった後、彼女の実家のオーストリアは怒らなかったんですか?
おすすめ脱毛器
処刑される前に、ヴァレンヌ逃亡事件が失敗に終わり、妹アントワネット一家の身を案じた兄のレオポルドは、ピルニッツ宣言を出してしまいます。
これはフランス国王を自由にしないと、プロイセンと組んで軍事侵攻するぞ!という宣言でしたが、出した当人たちはただの脅しのつもりでした。しかしフランス革命の過激派や愛国者たちは本気にとり、更に革命思想の先鋭化と、フランス革命戦争の先駆けとなってしまったのです。
この戦争は1792年から始まり、アントワネットはスパイ行為まがいのことをして、フランスの情報をオーストリアに流していたともいわれ、後の裁判でも問題になり、処刑の根拠の一端となりました。
このころはまだ連合軍側が有利で、国王一家を敵に奪われる危機感こそが、彼らを処刑に追い込んだとも言われています。
勿論、妹一家を追い詰めたフランスに怒っていたとは思いますが、国際間の問題は個人の心情で動かすものではないことは、オーストリア皇帝も解っていたのです。でもやがてナポレオン戦争に巻き込まれて、オーストリアは惨敗してしまいます。もうそのころは、オーストリア皇帝はアントワネットの甥の時代で、彼女が処刑されたから怒っているなんて個人の感情ではなく、自国を守るのに汲々としていました。
◆悲しんでも怒りませんね。
政治的に無能ならば、仕方がないのが
その当時の考えですし
助けようとしたけど失敗したので
あきらめないと、また国同士が喧嘩してしまいます。
母のテレジアは、アントニア(アントアネット)を何度か、贅沢をたしなめていますが言うことを聞かなかったです。
◆もちろんハプスブルク家は怒ったが、今度は自分の身が危ない訳で怒ったからとてどうにもならない。革命がオーストリアに飛び火すれば次に死刑になるのは自分なのです。防戦一方です。
◆怒って戦争になっている。
No.1 脱毛器はこちら

コメント