WW2のアウシュビッツ強制収容所送りになる際に、一応手続きみたいなも

WW2のアウシュビッツ強制収容所送りになる際に、一応手続きみたいなものはあったのでしょうか?
おすすめ脱毛器
1941年リトワニア侵攻後ナチスは片っ端からユダヤ村を襲って「3日間の間で庭や屋根裏に隠してある金塊など全部ここに持ってくること。1つでも隠してるとお前たち全員銃殺だ。」と言って見せしめに金髪碧眼の子供を殺して見せたのです。
バルト3国、ベラルーシ、ウクライナではユダヤ村が多く住民が貧困だったために
ナチスを案内してユダヤ人の家を教えたのです。
密告するとドイツ20マルクの他にユダヤ人の衣服ももらえたのです。それで一番密告の標的になったのは仕立屋でした。
ウクライナなどあんまり密告してくれるので即銃殺でき収容所を作る必要もなかった。
チェルノブイリで原発事故が起きた時沢山のウクライナ人が「あんなに沢山ユダヤ人を密告したから天罰が落ちたのだわ。
ヨハネの黙示録の苦よもぎが天から落ちてきた。よもぎの毒で死ぬのです」
本気で信じてる人だらけだった。
ユダヤ娘をかくまってたら隣人が「あんたのとこのユダヤ娘を密告してやるよ。」言ってくる。
家主は「そしたら私も逮捕されるし、そしたらあんたの夫が赤軍に入ってることを密告してやるよ。あんたも逮捕されるよ」と言い返してた。
ベラルーシ、ウクライナでは赤軍やポーランド人も密告の対象だったのでした。
SSはルックスでユダヤ人を判別してました。
髪の黒い人間からチェックしました。髪を金髪に染め美容整形外科に殺到するユダヤ人だらけだった。
ポーランドから逃げてきたユダヤ人がイタリア通過中シナゴーグに泊りユダヤ人が殺されてると告げたのでシナゴーグではユダヤ人名簿を消却してナチスに渡さないようにしました。シナゴーグにはユダヤ人名簿があったのです。
1938年11月に水晶の夜クリスタルナハトがありましたが
この日髭生やして黒装束の正統派ユダヤ人の身なりで外歩いてた人が一斉に連行され二度と戻りませんでした。シナゴーグから出てきた人も連れ去られました。東欧のユダヤ人がある日朝露のように消えだした。
どの町でもユダヤ人は役所に届け出なくてはいけなかったのです。ユダヤ人証明書を作らされたのです。
アンネフランクさんが証明書作らされてます。
外でSSと出会ったときユダヤ人証明書を提示しないといけなかった。またユダヤ人はSSと出会った時お辞儀しないといけなかった。
ユダヤ人は名前で判断できるようにユダヤ人とわかる姓をつけさせられてました。姓でまず選別されました。黄色い星を胸につけないといけなかった。
またユダヤ人の場合移転が多いために土地の方言が使えない人が多いのです。イデッシュ語だったりします。言葉の訛りで土地の人間からよそ者と感づかれ通報されたのです。
南ポーランドがナチス一色になったためルブリンに逃げたユダヤ人がいるのです。ですがルブリンの人たちは逃亡ユダヤ人だなと感じて通報したのです。東北地方に関西弁の人間がどっと押し寄せたら変でしょう。
ユダヤ人地区に住んでたりすると一網打尽にやられました。ギリシャにはロマニオットユダヤ人、セファラデイムユダヤ人、アシュケナジユダヤ人といましたがスペイン語で喋るセファラデイムやイデッシュ語で喋るユダヤ人は一網打尽にやられました。ロマニオットユダヤ人はギリシャ語だったためナチスでも判別できず生き延びた人が多いのです。
偽アーリア人証明書を持ってるユダヤ人はアウシュビッツに送られてもガス室直行にはなりにくかったのです。
生還できた人も結構います。
イタリアなど4倍も賞金をはねあげたにも拘わらず密告する人はほとんどいなかったのです。カトリック教会に匿われたユダヤ人も多かった。
ユダヤ人は列車車で逃げれないので農夫の干し草車にかくれて逃げたのです。ところが干し草を槍で刺してチェックしに来たので捕まってしまった。
ルックスがユダヤ人に似てたために絶滅収容所送りになったアーリア人は多いのです。ユダヤ人は紀元前からヨーロッパに住んでたし
キリスト教に改宗してるユダヤ人も多かったから似た人がいて当然です。
画家のパウル・クレーはナチスにユダヤ人と思われてたために戦争中ずっと隠れてました。
プラハのカトリックの女性ですが。
クラスにユダヤ人の子がいてその子をユダヤ人と言って虐めてたんです。その子はわっと泣きだし家に帰って親に言いつけた。親が電話で抗議してきて
「お宅だってユダヤ人でしょう。どうしてうちの娘の辛い気持ちをわかってくださらないのですか」
へええ?私がユダヤ人?自分じゃ母がチェコ人で父がオーストリア人て聞かされて育ったんです。
その女性がスキー場に行くと
回りの人が「貴女ここに来たら危ないですよ。逮捕されるよ」て警告するんです。
自分はユダヤ人に見えるのかな?と思い美容整形外科に行き鼻を低くする手術をしてもらったんです。
ある日SSが来て逮捕された。お父さんはこの日のためにポケットに青酸カリを入れてたけどさがしたら見つからない。娘が父に自殺させまいとほかしたのです。
父は怒り狂って「この親不孝者めが!!父の自殺の自由を奪う気か」
両親はラトビアで銃殺された。その女性はアウシュビッツに送られガス室行きの列に並ばされたがヨーゼフ・メンゲレの前で「電気工です」と答えたらその日のうちにアウシュビッツを出てベルゲンベルゼンの電気室に送られました。
アンネの日記はキテイさまで始まりますが。キテイさまはアンネのクラスメートです。
アンネのキテイさまはウエステルボルグ通過収容所で再会しアンネは大喜びしました。しかしその後の吉凶が大違いで。キテイさまはキリスト教に改宗してたので絶滅収容所に送られずガス室のないテレジェンシュタット送りになりました。キテイさまはオランダに生還して歯科医になりました。
アメリカの市民権持ってたり命のビザ持ってたりシオニスト名簿に名が乗ってるユダヤ人は絶滅収容所に送られずベルゲンベルゼンの特別ブロックに送られたのです。赤十字の支援物資をもらえたので生き延びたユダヤ人が多い。特別ブロックのユダヤ人たちは
米軍に解放されオランダやフランスの国境地帯に送られてそこで連合軍の捕虜になってたドイツ兵との交換用につかわれました。
◆障害があったり、不健康な人達が送られたみたいですね。
No.1 脱毛器はこちら

コメント