神聖ローマ帝国とドイツ人国家について質問です。 神聖ローマ帝国とは

神聖ローマ帝国とドイツ人国家について質問です。 神聖ローマ帝国とは、現在のドイツ、オーストリア、チェコ、イタリア北部を中心に存在していた国家で、9~10世紀に成立し、1806年まで続いた国家、というより国家連合だが、ここで質問です。
アドルフ・ヒトラーのナチス・ドイツは、プロパガンダによって「第三帝国」と言う呼称を用いた。
これは、ドイツ帝国と称されることもある神聖ローマ帝国を、ドイツ「第一帝国」にし、プロイセンを中心としたドイツ帝国を「第二帝国」と呼ぶようにしたが、なぜ神聖ローマ帝国は、ドイツ人国家なのに、チェコやイタリア北部といった諸国を構成させた国家連合になってしまったのでしょうか?
そして、神聖ローマ帝国での、ドイツ人の影響力は大きかったのでしょうか?
おすすめ脱毛器
そもそも「ドイツ人」なる存在がいつ頃から現れたか、を考えた方がよさそうです。
●「ドイツ人」はいつ生まれた?
まずドイツ語自体、標準ドイツ語の書き言葉としては、ルター訳聖書のドイツ語が広まったことからで16世紀、近世に入ってからですし、話し言葉の標準化は近代になってからです。
もうひとつ有名な話しは、19世紀のグリム兄弟です。産業革命ではイギリスに遅れをとり、ナポレオン戦争に負けたことで、ドイツはバラバラなので、同じドイツ民族としての連帯感を作り出し、ドイツの統一を実現しようと運動をしました。それでグリム兄弟は文学者・学者としてその先頭に立ち、民話や童話の収集によって「ドイツ人」としての自覚と誇りを作り上げようとしたわけです。
要するに、「ドイツ人」なるものが、ひとつのまとまりとして歴史に出てくるのは、19世紀になってからなわけです。
●神聖ローマ帝国のはじまりは?
では、神聖ローマ帝国はどのように出来たか、ですが、「ドイツ人」よりも先に成立しました。
870年のメルセン条約で、東西フランク王国とイタリア王国が出来、やがてカロリング家の王家の血筋が絶えます。西フランクはカペー家が王位をついでフランスになっていきます。
東フランクは、ただ「王国」とだけ呼ばれて、正式な国の名前がない時期が100年ほど続き、また王位もただの「王」でした。906年にフランケン公コンラート1世が「王」に選ばれた時が、一応「ドイツ王国」の始まりとされますが、そのように呼ばれるのは後世からです。
この頃、各地方の領主が領邦として支配を固めて相争うなかで、東からはマジャール人やスラブ系民族が入ってきます。で、その混乱をまとめたのがオットーで、周辺スラブ人にはキリスト教を布教し、イタリア王国の王位も獲得して、962年に教皇から「皇帝」の称号を得ます。
つまり「神聖ローマ帝国」という国家が出来て、その初代皇帝というわけではなく、あくまでも「皇帝」の称号を持った「王」がいて、その勢力範囲が漠然と「帝国」または「ローマ帝国」と呼ばれるようになったわけです。
で、キリスト教徒にしたスラブ系のチェック人が住んでいた地域(現在のチェコ)も「皇帝」の勢力範囲になり、帝国の一部となります。
●「ドイツ王」「ローマ王」?
「ドイツ王」という呼称も、11世紀後半、あのカノッサの屈辱の時の教皇グレゴリウス7世が、ハインリヒ4世を「ドイツ王」と呼んだのが始まりだそうです。ドイツ地方の王に過ぎないと蔑んだのが由来です。
なお、皇帝として戴冠する前は「ローマ王」と名乗るのは、その父親のハインリヒ3世の頃のようです。
で、代々の皇帝はイタリア方面の支配をしようと度々イタリア方面に出兵します。イタリア政策と言い、長い間争いましたが、結局、支配しきれず、1495年に「ドイツ国民の神聖ローマ帝国」という国号になりました。が、名前だけで「ドイツ国民」というようなまとまりは、ナポレオンに負けるまでありませんでした。
この時、北イタリアのチロルの辺りをハプスブルク家の皇帝が支配していて、後に第一次大戦の時に「未回収のイタリア」としてイタリアとオーストリアの間で揉める原因になります。
◆1512年、皇帝は「ドイツ国民の神聖ローマ帝国」(Heiliges Romisches Reich Deutscher Nation)の国名を公文書で用いた[122]。神聖ローマ帝国はイタリアに宗主権を主張しつつも、版図がもはやドイツ語圏及びその周辺に限られ、世界帝国建設という目的の放棄も明確となった。こうして中世は終わった。
ドイツ領域外を諦めたときに、ドイツ人のと、名乗った。
その前は名乗っていない
◆神聖ローマ帝国がドイツ人国家である、とは言えないかと。
なにしろ「ローマ帝国」なんですから、国家原理としてドイツ人国家であるわけがない。カトリック文化圏を統合する国家連合が神聖ローマ帝国です。ゲルマン民族でなければならない理由もドイツ民族でなければならない理由もない。
けれどもフランスのようにカトリック圏でありながら、自己主張が強くて神聖ローマ帝国に服属しない国もある。
結局ドイツ主体になったのは、「結果」でしかないでしょう。
No.1 脱毛器はこちら

コメント