なぜ第一次世界大戦は起こったのか? ナショナリズムと帝国主義という

なぜ第一次世界大戦は起こったのか? ナショナリズムと帝国主義という言葉を交えて、簡潔に教えてください。
おすすめ脱毛器
下記のページが、第一次大戦の原因を、帝国主義と、ナショナリズムという言葉を交えて、説明していますので、参照してください。
「第一次世界大戦の要因になった対立について」
要するに、帝国主義の植民地獲得で出遅れたドイツ、バルカン半島に進出しようとしているオーストリアとロシアの対立という状況で、セルビア人の住む地域はセルビアのものだというナショナリズムからオーストリア皇太子の暗殺が起こったわけです。
で、オーストリアは、この際セルビアと戦争したいけど、ロシアが怖い、だからドイツにロシアを抑えてくれるよう頼んだら、無条件の支援を約束してくれた(「白紙小切手」)んで、セルビアに無茶苦茶な内容の最後通牒を送って戦争を仕掛けました。
そしたらロシアがセルビア支援で参戦、ドイツがオーストリア支援で参戦、フランスも参戦。で、ドイツは軍隊の動員に時間がかかると思われたロシアを後回しに、フランスを総攻撃(シュリーフェンプラン)するんで、中立国ベルギーを通過しようとしたが、ベルギーが拒否したので、ベルギー攻撃。で、イギリス参戦、という経過です。
◆レーニンに言わせれば、帝国主義とは「資本主義の最高段階」であり、帝国主義国家群はその勢力が拮抗しやがては戦争となる、その時がプロレタリア革命の機会だとしました。
実際に英国とドイツは植民地争いに火花を散らすようになり、帝国主義の「道具」である軍艦製造を競うまでになっていました。それに仏露伊墺といった国々が絡んできます。
帝国主義とは他国の領土を奪うわけですから、奪われた国々では当然ながら独立を叫ぶナショナリズムも興ってきます。
第一次大戦直前でナショナリズムの盛んな場所の一つに「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれたバルカン半島があります。古来より様々な民族が興り宗教が絡んで複雑な情勢の地域です。
そこではオーストリアが勢力を伸ばし、ロシアも狙いを定めていました。
その中で、セルビアはオーストリアの南下政策(オーストリアはボスニア・ヘルツェゴビナを併合していた。そこは住民の大半が南スラブ系)に対抗し南スラブの統合を叫び、同じスラブ系のロシアに接近していました。
オーストリアに不満を持つセルビア人のナショナリズムが爆発したのが「サラエボ事件」でした。セルビア民族主義右翼団体の青年がボスニア州都のサラエボでオーストリア皇太子夫妻を暗殺し、それが引き金になって第一次世界大戦が勃発します。
No.1 脱毛器はこちら

コメント